忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/22 04:11 |
ベルセルク待望の映画化!舞台は「黄金時代編」
遂に来ましたね、三浦健太郎先生の漫画「ベルセルク」の劇場版。
 
1997年には「剣風伝奇ベルセルク」としてアニメ化もされた人気タイトルですね。
しかも舞台は作中の中枢とも言える「黄金時代編」とは、ベルセルクファンにはたまらない舞台チョイスです。
 
主人公のガッツと団長グリフィス率いる鷹の団との掛け合いが、この舞台の面白さだと思っているので、どういう構成が成されるのかとても楽しみです。
 
また、話をどこまで劇場で放映するのかというのも興味がありますね。
「黄金時代編」の結末はまさかの展開でしたから。
 
加えて楽しみなのが、劇中の音楽を担当される方があの鷺巣詩郎さん。
あの新世紀エヴァンゲリヲンの劇中音楽を作成された方ですね。
ベルセルクではアニメ化された頃に、劇中歌も担当されたとか。
 
スクリーンで新たに描かれる「ベルセルク」の世界。
主人公ガッツの黄金時代をどのように再現してくれるか、1ベルセルクファンとして期待ですね。

◎クロスロードという映画を知っている人はかなりのギター通
 
高校生のころからエレキギターに関心を持って、特に17歳~25歳くらいまではずっと練習し続けてきました。
 
今となっては、使っていたギターも倉庫に眠り、私の歴史を語るツールの一つとして保管してありますが、
その当時「クロスロード」という映画がかなりはやりました。
クラシックギターの達人である少年がブルースに関心を持ち、各地を旅しながら幻の曲を探すというストーリーで、話の最後では、ギターバトルのシーンなども出てくるという、ギターマニアにとってはすごく楽しい映画です。
 
特に取り上げられている曲の数々ではパガニーニという超技巧派のバイオリニストが発表していた、24のカプリース(24曲から構成されている)からの曲が使われていたり、かなり興味が沸くものになっています。
悪役的に登場するスティーブヴァイのパフォーマンスもこれぞスティーブ!
というという邪悪さたっぷりの演奏パフォーマンスが飛び出してくるので、悪役と言えども注目せざるを得ません。しばらく見ていないため、今度またじっくりと見てみたいと思います。

PR

2011/10/09 02:39 | 映画

<<映画『ヒミズ』、ベネチアで最優秀新人俳優賞を受賞! | HOME | 向井理は英語もイケた!>>
忍者ブログ[PR]