忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 11:56 |
最近、映画館行ってないな。
学生の頃は、暇があれば映画館に行っていたんですが、最近はあんまり行けてないですね。
そもそも、見たい映画の情報が入ってこないというか、昔は、結構コンスタントに見たい映画が出てきていたと思うのですが、どうしたんでしょう。
日本でそもそもの映画興行がしぼんでいるのか、私の情報収集のアンテナが違う方を向いているのか、どちらなのでしょうね。

あと、結婚したからというのもあるかもしれません。
映画館に行くのって、だいたいデートで使っていたので、それ以外だとやっぱりあまり行かなくなりますよね。

デートで映画だと時間がつぶれるし、終わった後に映画の会話ができるしで、なかなか使えたのですが、結婚すると、そんなのどうでもよくなりますからね。
そもそもデートする回数自体も少なくなりますし。

そうだ。テレビを見なくなったから、映画のCMとか、そもそも見なくなったんですね。
だから、新しい映画の情報が入ってこないんだ。

やっぱりテレビを見ないって、都合が良いですよ。
見なくするコツは、朝テレビ欄を見ないってことです。
テレビ欄を観てしまうと、どうしても気になってしまうので、絶対に見ない。これで完璧だと思います。

◆感動が薄れた
あと映画やレンタルのビデオで新しい映画を見てもつまらないと思ってしまうのは、これまでに色々な作品を見てきて、慣れてしまったからという理由もあると思います。

アダルト系でもドンドンと慣れて、刺激が強くなっていくのと同じことですよね。

でも、最近ハマっているのは、米国と韓国のドラマです。

これは映画とも違った展開で進んでいくので、一度見始めると止まりません。
・24
・プリズンブレイク
・LOST
あたりがお勧めですね。
PR

2011/09/14 22:30 | 映画
ワンピースの劇場版アラバスタ
この間、ワンピースの劇場版がテレビで放送されていました。
アラバスタ編をつじつまが合うように作りなおしたオリジナル版という内容でした。
このやり方はチョッパー編もあって、劇場版では、なぜかチョッパーを仲間にする時に、既にロビンがいるような設定になっているのですね。
ですが、ストーリーの土台は原作の尾田先生が作ったものだから、やっぱり面白いんですよね。
ですから、劇場版のストーリーは、この方法を採用したのは大きな進歩だと思います。

なぜかというと、原作者以外がシナリオを作る、劇場版アニメは、本当に内容が酷すぎるから。
これはワンピースに限ったことではなく、他の全てのアニメがそうでした。
代表的な例で言えばドラゴンボールですね。
本当に劇場版を作ったヤツ出てこい!
と叫びたくなるような酷い内容の映画を毎年作っていたのですから、神経を疑いますよ。

ワンピースも最初の頃は、そのような感じでしたが途中から上記のような原作アレンジ版に切り替えてから一気に面白くなりました。
またワンピースは劇場版第10弾に関しては、何と尾田先生がシナリオを作ったのです。
ですからストロングワールドは空前の大ヒットになりましたよね。

アレンジ版なら、劇場版スタッフでも、まともな映画が作れるので、今後もその展開を期待します。
ウォーターセブン編もあるし、マリンフォード編も面白そう!
麦わらの一味が全員揃っているマリンフォードの戦闘とか見てみたいです。

そういえば、アラバスタ編を見ていて、改めて思ったのはビビちゃん可愛い!
ロビン好きの僕ですが、やっぱりビビちゃんも好きだな~
また、本編でも出てきて欲しいキャラクターです。

2011/08/24 01:57 | 映画

<<前のページ | HOME |
忍者ブログ[PR]